QA

本サイトは、デジタル技術(IoTやFab)と福祉の心地よい関係をめざすなかで、福祉・技術・教育など、それぞれの視点から出てくる課題や疑問にQ&A形式で応え、知見や具体例を紹介します。

Q

このWEBサイトって、なんですか?

A

全国各地で進められている「IoTとFabと福祉」の取り組みを紹介しています!
ご自身の活動にお役立ていただき、何か困りごとがありましたらご相談ください。

「IoTとFabと福祉」は、一般財団法人たんぽぽの家が主宰し、2017年から日本各地で進めている福祉×現代技術の実験的で実践的な取り組みです。

技術を活用して、新たなしごと・はたらき方をつくること、心地よい暮らしの環境をつくることを目的に、これからの福祉と技術の関係づくりを進めています。

本サイトは、各地の活動状況を伝え、現場で見えてきた課題や培われた知見をアーカイブしていきます。福祉の現場で技術を活用するまでのプロセスを知り、1歩進めるための窓口機能を担っています。

主催: 一般社団法人たんぽぽの家
助成: 日本財団

長崎、福岡、山口、奈良、岐阜、東京で活動しています!

初年度は、山口県、福岡県、岐阜県、奈良県を舞台に始まり、2018年度からは、長崎・MINATOMACHI FACTORY、東京・NPO法人MeRISE|一般社団法人障害者・高齢者3Dプリンタファクトリー が参画し、長崎、福岡、山口、奈良、岐阜、東京、6つのエリアで技術と福祉の新たな関係性と可能性を探っています。

サイトについて

SNS で共有する

Share Tweet